太陽光発電の寿命

太陽光発電の寿命

太陽光発電システムを導入することは、決して安い買い物ではありませんので、太陽光発電システム自体の耐久性や寿命は非常に気になるところではあります。

いくら、余剰電力を買い取ってもらえると言っても、設置に要した費用を回収する前に故障や寿命がきてしまっては、何のため導入したのか分からなくなってしまいますからね。

まず、太陽光発電に使われている太陽光パネルはシリコンで構成されていますが、そのシリコンは劣化することなくほぼ永久的に使えると言われております。また、太陽光パネルの表面に使われている強化ガラスもまた、腐食などで損傷する可能性はありません。

しかも、パネル全体でも可動したり振動したりするパーツなどはありませんので、そう簡単に壊れてしまうような要因は見当たらないといえるでしょう。

このように、かなり頑丈に作られていますので、少なくとも20年以上は耐えられる構造となっています。また、埃やゴミなどは雨によってほとんど流されますし、定期的に点検さえ行なっておれば、さらに長期間利用出来るといえます。

次に、太陽光発電で利用されるパワーコンディショナの耐久期間は10〜15年とされています。これは、劣化すれば交換する必要がありますが、現在では交換料金として20〜30万円程度かかります。

しかし、太陽光発電システムは今後システムが益々普及していくこによって料金もどんどん低価格化されていくと考えられます。ですから、10〜15年後には、今よりも安価な料金で交換が可能になっている可能性が高いと言えます。


 

サイトマップ