太陽光発電の仕組み

太陽光発電の仕組み

太陽光発電は次世代のエネルギーとして注目されておりますが、その仕組みは簡単なものです。

まず、私たちの暮らしに直結する住宅用の太陽光発電システムは、太陽電池が太陽光を受けて直流の電力を生み出す発電方法で、発電された直流電力は、パワーコンディショナを通して一般家庭で使用可能な交流電力に変換されます。

ここで、交換された交流電気は家庭内の様々な家電などに利用することが出来ますが、一般的な住宅用に設置される太陽光発電システムは、電力の系統連係方式を取り入れているため、電力会社の配電線と接続されております。

これによって、太陽光発電による発電電力が家庭内で消費する電力よりも多い場合には、その余剰電力は電力会社に買い取ってもらうことが出来ます。

その逆に、雨天や曇天などで太陽光発電量が少ないために家庭内の必要電力が賄えない場合には、電力会社から供給される電力を使用することになります。

このように、余剰電力が発生した場合は電力会社に買い取ってもらえ、電力が足りない場合は電力会社から買い取ることになります。

そして、この太陽光発電システムで発電された電力の管理は何らかの作業は全く行う必要はなく、自動的に電気の受け渡しが行われます。


 

サイトマップ